Realestate-invest 不動産投資について
 

 

 

 

不動産投資のメリット

不動産投資のデメリット

税金の知識

不動産投資物件の選び方

不動産投資用語集

お問い合わせフォーム

 

 

不動産投資のデメリット

 

不動産投資のデメリット

高利回りは条件次第

高利回りかどうかは立地条件・入居者があること・希望する家賃が設定できることが条件になります。例えば、都心では地価が高すぎると利回りが悪くなり、逆に、郊外でも前記した3条件に当てはまる場合には利回りはよくなります。このように利回りは各条件によって異なってきますので、あくまでも利回りの高さを考えるより、少ない投資での長期安定型収入を目的として認識していきましょう!

 

金利の上昇リスクと換金性のリスク

低金利時代がいつまでも続くとは限りません。ですから現在の金利水準を目安に投資計画を進めたり、無理な借入をすることは避けましょう。
将来、金利水準がアップした事も考え、返済に無理のない投資・返済計画を綿密に考える事が大切でしょう。
また不動産投資は換金性がよくありませんので、急に手元に資金が必要になっても、そう簡単には対応できづらい性質がありますので、これらの事を十分に認識して、資金に余裕のある投資をしましょう。

 

入居者がいなければ安定した収入は望めない

住宅の供給が旺盛な今、入居者が自分のスタイルにあった物件を選ぶ時代です。立地条件、建物設計など、当初の計画段階では予測することの出来なかった「空室問題」「家賃滞納問題」「賃料下落問題」が発生する可能性があります。
ですが、最近では、入居者の募集や建物の管理代行を、企業が請け負うスタイルが増えてきており、この保証システムを利用すれば、空室や家賃滞納が発生しても心配はないと思います。

 

建物の老朽化や地震、火災発生のリスク

年月が経つにつれ、建物の老朽化が進んでいる・考えてた以上に設備投資金額が高いなど、修繕の不安はつき物です。その為に、修繕積立金を毎月の収入の中で積み立てをし、修繕資金をプールしておく必要があります。現在ではパートナー会社が提案する「長期修繕計画」に沿って修繕を行っていけば、建物・設備の老朽化・陳腐化が防げますので、アパート経営を始める前に、信頼のおけるパートナー企業と相談・検討しなければなりません。また、地震や火災が発生した場合のことも考え、火災保険・地震保険には必ず入っておきましょう。

Valuable information

風俗・水商売向け賃貸不動産サイト5選!キャバ嬢等の部屋探しに人気

最終更新日:2018/10/24